ビッグデータを活用するために必要な事

PR|優れたマーケティング分析によるブランディング | 経営コンサルティングは質で選ぶ

ビッグデータと聞くと単純に大容量のデータを示す言葉だと思われがちですが、実際は従来のデータベースでは解析し切れない程に複雑な大容量のデータを示す言葉です。具体的には毎日、SNS上では様々な事が好き放題に書き込まれていますが、これを活用するとなるとかなり複雑で膨大な量となるのでビッグデータと言えます。そんなビッグデータを活用するためには、どの様にデータを用いたいかを明確にする事が重要です。もっとも企業の場合は、ビッグデータを活用して売り上げを伸ばしたい、と考えるケースが多かったりします。ですがこの様な大まかな目標では、ビッグデータをきちんと活かす事は難しいです。ビッグデータはただ入手しただけでは、膨大なデータの塊に過ぎません。そのデータを如何に分析して、マーケティングに活かす様に導くかが重要となるのです。なので売り上げを伸ばすためにデータ取りを行ったビッグデータがある場合には、現在のマーケティングが如何に拙いかを分析して明確化した上で、修正して行く必要があります。だからこそビッグデータを活用したいなら、データの収集を行う段階で目的意識を明確にしてそれに合うデータ収集を行うべきです。ビッグデータの収集を終えたら、如何に分析を行うかが大切となります。アンケートで得た情報を分析したい場合には、クロス集計という方法を用いて分析すべきです。回答者の性別や年齢等をの基本情報を横軸にし、設問を縦軸にする事で各属性毎の特徴を把握し易くなります。顧客の売買履歴といったビッグデータを分析する際には、同時に買われる商品同士に着目するというアソシエーション分析を行う事で、データを有効に活用する事が可能です。具体的には同時購入されるケースが多い、強い関連性のある商品同士をセットで販売したり、売り場を隣同士にしたりする事で売り上げ増加を期待する事が出来ます。他にも違う商品の購入者を比較する事で、共通項を見付け出すといったクラスター分析もビッグデータをマーケティングに活用する際には利用すべきです。