見たくない物を見ないために

|東京のゴミ屋敷の清掃業者なら|遺品の整理整頓を依頼する|

これはツイッターというかネットの特徴と言うべきですが、日本どころか世界中の人と繋がることが出来ます。
そこに加えてツイッターのようなSNSは『瞬時に』世界中と繋がると言う特徴が上乗せされます。
これは、従来のマスメディアに頼らないどころかそれを遥かに凌駕する、情報のスピードのある社会が実現されたという事でもあります。

ここで問題になるのが、「見たくない種類の情報だろうが関係なく嫌でも目に入って来る」という現象が起こる事です。
フォロー・フォロワー数が伸びて行くほどにこの問題は深刻になります。
個人用のアカであれば、恐らく自分から進んでフォローする相手は考え方や趣味などが8割9割、少なくとも5割ぐらいは自分と一致していると思われます。
が、そんな相手でも正直興味がない、というか忌避感があって見たくない情報をバンバン発信する場合があります。
政治の話、特定の思想にスタンスを置いた話とか個人的に嫌いなマンガやアニメにゲーム、音楽ジャンルや特定グループetcetcについてなどの話題がそれにあたる場合、フォロー解除してしまいたくなるかもしれません。

ですがその相手をフォロー解除やミュート、ブロックしてしまうのは勿体ないな、という場合も多いでしょう。
そんなときどうすればいいか?
一番スマートなのは、キーワードでミュートする事ではないでしょうか。
『設定とプライバシー』から入れる各種設定から『ミュートするキーワード』を選ぶことで、タイムラインにそのキーワードが入ったツイートが流れてきても表示されないという風に設定出来てしまいます。
何をミュートしてるかと言うのが人から見えるわけではないので、余程自分のツイートを観察している相手でもない限りは「それに興味がない」とさえも認識されません。

まあ、設定する時に見たくないキーワードを片っ端から自分の手で打ち込まなければならないのは苦痛かもしれませんが、「先に苦労して設定して後で楽になる」というのがデジタル全般の特徴ですからね。

PR|童話集|副業ランキング|オーディオ|相互リンク募集中|サイドビジネス|ショッピングカート設置|カラスの童話|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|JALカード住宅リフォーム総合情報クレジットカードの即日発行じゃけん