愚痴をツイートするのは注意が必要

ツイッターでは、つぶやくというほどですからちょっとした愚痴だって書き込めます。しかし、一部では知らない人から反撃を食らうということもあるそうです。これを上手く表現した人がいて、「海に向かってバカヤローと叫んだら、海がめった刺しにしてくる」みたいなことを言っていました。
そう、ツイッターは単に愚痴を書いて発散するために使っているという人もいて、それにいちいち突っ込みを入れてほしくないという人がいます。私は愚痴を見ても、私と同じく頑張っている人がいるのだと思えるタイプなのですが、あまりに多いとげんなりします。そういう時には、突っ込みを入れずに静かにアンフォローかミュートにするのが得策でしょう。
使っているアプリを見るたび、げんなりするのでは見たくなくなってしまいます。その人以外のツイートは見たいのに、その人一人のせいでそうなってしまっては惜しいですからね。私は愚痴を見て愉快になる人はいないだろうということで、自分だけしか見られない愚痴アカウントを作っています。