複合機はソリューションビジネスが盛んです

現在の複写機はほとんど成熟しているので、他社と比較しても大きな差が付きにくくなっています。近年はオフィスで使用される複写機で出力される枚数も経費削減やプリントしないでメールのやりとりしたり、プロジェクターや大型のパソコン用モニターで表示することが主流になってきているので、用紙やトナー、感光体などの消耗材で儲けることができなくなってきています。

そこで最近は会社や工場全体での複写機の数量や使用枚数を実際に調査して、最適な数量の複写機を配置してどこの部署でも自由にどの複写機から出力したり、プリント枚数を調べて出力を抑えるようなアドバイスをすることが多くなってきています。

一般にはソリューションといわれるもので、システムで複写機を使うことを提案するようになってきています。このビジネススタイルは大型の案件につながることが多いのですが、お客様の要望は各社まちまちなので標準の複写機に新しい機能を付加させないと受け入れてもらえないこともあります。

そこで最近は営業と開発がタッグを組んで新規な機能をタイムリーに提供できる組織もできてきています。